太る原因は糖質?

太る原因は食べ過ぎによるカロリーの過多が有名ですが、それに加えて糖質の取り過ぎでも起こる事があります。

 

糖質は体内でブドウ糖に変換されて脳や身体を動かすためのエネルギーになり、適切な量を取っていれば全く問題ないものの、許容量をオーバーしてしまうと中性脂肪に変わってしまうので注意が必要です。

 

取り過ぎの例としては、毎食ご飯を大盛にする・おかわりをする・麺を2人前以上常に食べる・数分で食べ終えてしまう早食いといった点であり、これを半分にするだけでも太る原因を排除する事が出来るでしょう。

 

糖質の取り過ぎを予防するには食べ方の工夫が必須となっており、糖質の低い野菜類や汁物から食べていき、その後に肉や魚の主菜にして最後に米類やパンを食べるのがおすすめです。麺類に関しても具をしっかり噛んでから食べるのが良く、野菜が豊富なタンメンや野菜のサイドメニューを準備しておきましょう。

 

外食をする際も同様の食べ方が向いており、居酒屋ではサラダ・焼き鳥・枝豆といった食品から食べ、最後の方に麺類や米飯類を食べるようにして下さい。夜遅い外食の場合は意図的に糖質を減らす事も大切ですので、太る原因を排除しながら外食を楽しみに臨みましょう。

 

 

 

太る原因としてのカロリー

太る原因には、単に食べ過ぎや運動不足などの生活習慣以外にも、人それぞれの体質や生活環境など、改善しにくいものもあります。ただ、それらをあえてまとめてしまい、その上で太る原因を一言でいうならば、それは摂取カロリーが消費カロリーを上回っていることに尽きます。

 

では、その考え方や改善の方法などを簡単に見ていきましょう。厳密に定義しようとすれば、物理学の内容にまで踏み込んでしまうため、ここでは単純に食べ物や飲み物を飲み食いした量と考えましょう。

 

最近では、どの食料品にもカロリー表示がなされているため、把握すること自体は簡単です。そして、消費カロリーというのは、運動量と定義しておきます。その上で、前者と後者の関係によって、太るか否かが変わってくることになります。

 

つまり、先述した通り前者が後者を上回ることにより、体脂肪が燃焼されずに蓄積されるなどして太ることになります。

 

もちろん、これ以外にも体質や生活環境など様々な要因が関係してくることが多いですが、とりあえずは適度な運動を取り入れたり、カロリーが高い食料品はなるべく抑えたりするなどして、太る原因を取り除いていくことが大切です。

 

ただし、過度なダイエットはむしろ太ってしまう原因になり得るので、第一に健康のことを考えながら行うようにしましょう。

 

 

 

女性が太る原因について

ダイエットをしている女性は多いです。「そんなに食べていないのに」と言いますが、本当にそうでしょうか。日頃の食生活を見直してみると、適量よりも食べ過ぎているという女性は多いです。ダイエットが成功しない原因はそこにあるのです。

 

自分の食べているものを見直して、もう一度太る原因について探ってみましょう。ちょっと前にレコーディングダイエットと言うのが流行ったこともありましたが、女性に必要なのは無理な食事制限やダイエット食を食べることよりも原因を知ることなのです。

 

朝昼晩お腹をすかせてから、身体が必要と思う量だけを食べるようにしていれば太ることはありません。

 

ただ、テレビを見ながら・ゴロゴロしながら何となく口寂しいからと間食してしまう方・ストレスがたまったのを食事で解消しようとする方・子供が残したものをもったいないからと、お腹はいっぱいになっているのに食べてしまう方。

 

スーパーでお買い物中においしそうだからと、つい甘いものを買ってしまって食べてしまう方・ご褒美だから今回だけ特別だからとダイエット中にも関わらず食べてしまう方、いませんか。

 

どれも女性に多い典型的なパターンですね。こういった日々の繰り返しこそが太る原因となるのです。

 

 

 

食べ物との関係は?

人はだれでも生きるために食べ物が必要ですが、その量が適量であれば標準体重を維持できるのですが、その量が多すぎても少なすぎても、体に悪影響がでてしまうことがあります。

 

とくに食べ物を食べすぎてしまうと、体重がかなり増えてしまって健康に悪影響がでるほどになりますから、標準体重を維持できるように努力したほうがいいです。

 

太る原因は食べ物をたべすぎることです。太る食べ物といえば糖質や脂質の多いものです。お米だったり肉類にも含まれていますが、量が多すぎることが原因で太ることになります。

 

さらに食事をとる時間が原因で太ることが多いです。夜遅く食事をして量が多いのは太る原因です。量をとっても消化の時間をしっかりとったり、運動などをしっかりやって消費できるようでしたら、体重が増えることはないのです。

 

また、食事と食事の間に消化できる時間をおいたり、空腹と感じてから食事をとるなどの工夫をすることも体重管理のうえでとても大切なことです。

 

さらに食事の量を減らしてダイエットをしても、我慢の限界を超えて食べ過ぎてしまうとリバウンドしてしまうことが多いです。食べ物の量を極端に減らさないで、ストレスを抱えないことも体重管理には大切なことです。

 

 

 

関連性があるサイトはこちら

太る原因について見ていきました。どうしても太ってしまうという場合は、ここに書いてある情報が参考になれば幸いです。

 

一方、太りたい!という気持ちを持っている人が太る原因について調べていることもあります。もし太りたいという場合は、ここで紹介するサイトを訪ねてみることをおすすめします。